トップページ > 養鶏のはじまり

養鶏のはじまり

創業当時の川原とトカラ山羊ブンタ

2011年、鹿児島県曽於市の山奥で鶏の放し飼いを始めました。

農場の開墾から始めてもこの場所で養鶏に取り組みたかったのは、山から湧きでる新鮮な水、透き通るような空気、野草や虫やミミズなどの豊富な餌に引き込まれたからです。

初めての農場経営は色々な方からのアドバイスや、独学養鶏の積み重ねでしたが鶏同士が形成していく社会や生態が解り始めた4年目位から、ストレスの少ない生活を鶏が送るには、人間はどこまで関与したら良いのかという疑問が生まれてきました。

トップへ戻る