トップページ > 最新情報 > ブログ > 芳香性ニワトリ

芳香性ニワトリ

若鶏ハジメテのトサカを嗅いでみたら非常に良い香りがするので 一応試しに大多数の鶏のトサカを嗅いでみたら、そんな香りがするのは、 この群ではハジメテだけだった。 鶏を飼い始めて7年になるが、同じような「芳香性ニワトリ」(笑)は 確かにこれまで何羽かいた。 なんらかのフェロモンなのだろうか? 芳香の類は、桃とか杏仁豆腐とかで嗅げる感じの匂いだった。 嗅覚に鋭い、その道のトレーニングを積んだ人ならおそらく、 「この分子だ、だいたいどれくらい含まれている」て言い当ててくれるに違いない。 ガスクロ(ガスクロマトグラフィー)にかけたら物質を特定できるかもしれない。揮発した分子だからサンプルが難しいか。。 では一体なんのためにそんな芳香性物質が? てことになったら、 理由がわかるのだろうか? 時間があったら取り組んでみたい。 ちなみにテースティングのプロで、飲料の開発をしている友人に聞いたら こう回答が帰ってきた: 「桃の香りは甘いエステル香とβデカラクトンって言うバニラっぽい匂い。 エステルの香りはバナナ、りんごのような香り。」 その辺を調べ行ったら面白そうだな。 が、それをやっている時間がいまの私にはないので今回はこの辺で(笑) ハジメテは元気でおりますので興味のある方は 匂いを嗅いでみてください、ただし動きの鈍い早朝か夜に。 #芳香 #庭先養鶏 #氷温熟成 

トップへ戻る